データベースを活用した人事マネジメントシステムが学べる「バイオリズム・コンサルティング・トレーナーコース」

データベースを活用した人事マネジメントシステムが学べる「バイオリズム・コンサルティング・トレーナーコース」

training 研修内容について

バイオリズム・コンサルティング・トレーナーコース

「バイオリズム・コンサルティング・トレーナーコース」とは、
「溝口メンタルセラピストオフィス」の創設者である溝口耕児がアメリカで修得した分析学 (過去の膨大な人間の行動パターンを元につくられた行動心理学のデータと、生誕時間 ・ 生誕場所のプロファイリングデータを融合したもの) を基礎とし、この分析学を用いて、10万人以上の個人に及び、800社を超える法人企業への分析アドバイスを行いながら、分析結果を検証し、日本の国民性や社会性に合わせて調整し、独自に編み出し、確立したコンテンツである「溝口式分析学」を基に、法人企業での人事マネジメントの具体的な方法を体系化し、マニュアル化した活用方法を学べる研修です。

法人企業の経営者、人事担当者、企業幹部や企業の後継者、並びに、法人向けに人事コンサルティングサポートを実施したいコンサルタントやセラピストを養成する講座となります。

  • 能力適正分析

    能力適正分析

    個人の能力適正のパターンは20,736通り、個人個人の能力的性を知ることで働き方のパターンが変わります。

    ​社員一人ひとりの個性を理解することで、社員の可能性を開花させ、効果的な人財育成が可能となり、適材適所の人員配置が可能となり、企業の生産性は向上し、業績アップや離職率の改善に効果を発揮します。

  • 性格・素性分析

    性格・素性分析

    人間の性格や素性は、36パターンに分類することが可能であり、それらの性格・素性分析をベースとすることで、社員個々の本質的な性格や思考パターン、行動パターンを読み取ることが出来るようになります。

    また​このパターンをバイオリズムとして分析することにより、周期性や特徴を理解することが可能となり、タイミングをマネジメントすることが可能となります。

  • マッチアップ分析

    マッチアップ分析

    社内の人間関係で悩まない経営者はいないのではないかと思われますが、人と人の相性のパターン、マッチアップのパターンは実は、144通りのパターンがあります。​自分と相手にそれぞれ12パターンあり、お互いの組み合わせは144通りの関係性が存在します。

    ​この組み合わせを理解出来るだけで、人間関係は劇的に改善します。

バイオリズム・コンサルティングの成果

  • 退職者が激減

    退職者が激減

    前年度、75名採用して、70名退職していた会社が、1年後、正社員退職者激減
    (年間1名のみ)

  • 離職率の低下

    離職率の低下

    採用分析実施後、新入社員の離職率が大幅に低下
    (採用後の離職率の改善​)

  • 過去最高売上達成

    過去最高売上達成

    「能力適正分析」と社員間の「人間関係性分析」の活用による適材適所の人員配置、人材育成のスピードアップを実現(直近決算で過去最高の売上高を達成)

  • テクノロジー

    テクノロジー

    テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。

バイオリズム・コンサルティング・トレーナーコースで学べること

退職者を減らし、離職率を下げる!

  • ​離職者分析

    • 離職者タイプ分析
    • 離職者傾向分析(期間)
    • 不適切採用者の確認
    • 離職者傾向分析

    以上により、自社の離職者の傾向や不適正な採用のパターンを分析し、離職率の改善や退職者の現象の役立てることができる様になります。

自社に合った採用を可能にする!

  • ​採用可否分析

    • タイプ別傾向分析(就職)
    • 能力適正分析
    • 簡易判定マニュアルの導入
    • 採用可否判断の実施

    以上により、不適切な社員の採用防止や能力適性に応じた必要な人財の採用を判断することができる様になります。

マッチアップを分析し、最強の組織を創る!

  • ​人員配置適正分析

    • マッチアップ分析
    • 関係性分析(上司/部下)
    • 異動シミュレーション
    • 職務適正分析

    以上により、部門内の社員の相性や、上司部下間の関係性分析、移動時のマッチアップのシミュレーションや能力適性と業務内容が適正であるかどうか判断することができる様になります。

コミュニケーションを円滑にし、人間関係を改善する!

  • ​人間関係性分析

    • 性格/特性分析
    • コミュニケーションスキル
    • 人間関係傾向分
    • ビジネスマッチング

    以上により、社員個々の性格や特性を把握し、コミュニケーションのパターンやうまくいくコミュニケーションの取り方は理解し、人間関係の改善やビジネスにおける効果的なマッチングを理解出来る様になります。

人財育成のタイミングをマネジメントする!

  • ​人財育成分析

    • 昇進適正分析
    • バイオリズム傾向分析
    • 管理職適正分析
    • タイプ別人材育成

    以上により、社員の適正な昇進や評価のタイミングを知り、管理職としての適性能力や、タイプ別の人財育成のパターンを把握出きる様になります。​

カリキュラム・スケジュール

バイオリズム分析学コース

第1回 6/25(土)
項目

1.バイオリズム分析

2.6種の人間性分析

講師 溝口、川越
カリキュラム

(1).溝口式バイオリズムとは?

(2).バイオリズムポジションの説明

(3).バイオリズムの倍率

(4).バイオリズムの種類(時間・日・月・年・一生)

(5).6種の人間性分析(A~Fタイプ)

(6).自分の性格タイプを知る

(7).6種の人間性分析補足資料(感情簡易ver)

(8).タイプ別の感情の原因と対処法を知る

第2回 7/9(土)
項目

3.12のバイオリズムポジション

4.バイオリズム活用方法

講師 溝口、川越
カリキュラム

(1).12のバイオリズムポジションの傾向と対策

(2).12年/12ヶ月バイオリズムによる自分の現ポジションを知る

(3).バイオリズムを使って過去を読む

(4).バイオリズムを使って未来を読む

(5).バイオリズムを使ってビジョンを達成する

(6).バイオリズムを使って問題を回避する

(7).バイオリズムを使って上昇傾向を高める(Hit&Wait)

(8).バイオリズムを使ってネゴシエーションをかける

第3回 7/31(日)
項目

5.6種の生まれポジション

6.タイプ別充電期のパターン

講師 溝口、川越
カリキュラム

(1).6種のポジションの特性(生まれのポジション)

(2).自分の生まれたポジションの性格を知る

(3).6種の人間性タイプと6種の生まれポジションの組み合わせ

(4).6種の生まれポジションごとの反応パターン

(5).タイプ別バイオリズム充電期のパターン

(6).タイプ別の充電時期の過ごし方における注意点を知る

(7).ビジネス現場での充電期の人に対する対処方法

(8).卒業講義

ポテンシャル分析学コース

第1回 8/28(日)
項目

1.LAMS型(能力適性)分析

2.感情・思考別ランキング分析

講師 溝口、川越
カリキュラム

(1).LAMSの型(能力適性)分析とは?

(2).20,736通りの能力適性の分類と分類表

(3).細かな能力適性の細分化と特徴を知る

(4).職業から能力適性を読み出すには?

(5).自分の能力適性からの質疑応答

(6).タイプ別の感情や思考に関する相対的順位を知る

(7).ポテンシャル分析の活用

(8).企業における能力適性の活用方法

第2回 9/3(土)
項目

3.マッチアップ分析

4.パワーサークル分析

講師 溝口、川越
カリキュラム

(1).マッチアップについて(基本論)

(2).12のマッチアップの組み合わせの注意点

(3).マッチアップが組めない関係性のフォロー

(4).コンセンサスと明確なビジョン

(5).パートナーシップを組む際のマッチアップの活用方法

(6).能力適性ごとのパワーサークル分析について

(7).パワーサークルが構築できるパターンとできないパターンを知る

(8).マッチアップとパワーサークルの組み合わせ事例

第3回 9/24(土)
項目

5.潜在能力分析

6.法人組閣分析

講師 溝口、川越
カリキュラム

(1).33種の潜在能力(特性)を知る

(2).潜在能力の活用方法

(3).更に細かな能力適性の細分化と特徴を知る

(4).ネゴシエーションの基本

(5).法人組織分析にて組閣を組む際の考え方を知る

(6).能力適性とマッチアップを活用した適材適所の人材配置

(7).企業における人材配置の際の活用事例

(8).卒業講義

Biorhythm consulting trainerコース

第1回 10/8(土)
項目

1.離職者分析

講師 水谷、井後
Biorhythm consulting

(1).タイプ別離職傾向分析

(2).生まれ気質別傾向分析

(3).能力適性別離職傾向

(4).biorhythm別離傾向分析

Consulting approach

(1).after coronaの企業経営

(2).日本企業の2つリスク

(3).歴史に学ぶ危機管理

(4).溝口式分析学活用法

目的とねらい

離職者データを分析し、バイオリズムの観点から不適切な採用者を洗い出し、離職者の傾向を分析する。

第2回 10/22(土)
項目

2.採用可否分析

講師 水谷、井後
Biorhythm consulting

(1).タイプ別就職傾向分析

(2).生まれ気質別就職傾向

(3).能力適性別就職傾向

(4).biorhythm別就職傾向

Consulting approach

(1).BCP(事業継続計画)

(2).危機管理のpositioning

(3).複数収入源の確保

(4).新規事業の立ち上げ方

目的とねらい

今後予想される採用難に対して、自社にとって最適な人財の採用を採用するためのマニュアルの習得する。

第3回 11/13(日)
項目

3.人員配置適正分析
(配属先適正分析)

講師 溝口、水谷、井後
Biorhythm consulting

(1).タイプ別役職適性分析

(2).タイプ別職務適性分析

(3).マッチアップ分析

(4).biorhythm relationship

Consulting approach

(1).Communication改善法

(2).目的別Communication

(3).コーポレートコーチング

(4).理念体系の構築法

目的とねらい

管理職と社員のマッチアップ分析により、効果的な人員配置を実施し、社員の能力を最大限発揮できるマッチアップを実現

第4回 11/26(土)
項目

4.人間関係性分析

講師 川越、水谷、井後
Biorhythm consulting

(1).タイプ別relationship

(2).biorhythm関係性分析

(3).Communication method

(4).人間関係性分析

Consulting approach

(1).生産性の改善6ステップ

(2).パフォーマンス向上策

(3).離職率改善のステップ

(4).業績管理のステップ

目的とねらい

離職理由の最も多い理由である人間関係、そのタイプ別コミュニケーションスキルを習得する。

第5回 12/11(日)
項目

5.昇進評価分析

講師 川越、水谷、井後
Biorhythm consulting

(1).管理者適性分析

(2).チームビルディング分析

(3).昇進適性分析

(4).ビジネスマッチング分析

Consulting approach

(1)目標X(10倍)の創り方

(2).B-Position別目標設定

(3).目標管理method

(4).人財育成項目

目的とねらい

人財育成のポイントとなる昇進評価の時期やその可否をどのように判定するか、タイプ別の適正分析方法を習得する。

第6回 12/25(日)
項目

6.人財育成分析

講師 溝口、水谷、井後
Biorhythm consulting

(1).タイプ別人財育成分析

(2).モチベーションアップ

(3).能力適性活用法(予定)

(4).組織構築法(予定)

Consulting approach

(1).第4次産業革命加速化

(2).DX/biorhythmの親和性

(3).溝口分析学の可能性

(4).BX/biorhythm人事革命

目的とねらい

タイプ別の人材育成法とモチベーションアップの具体的な方法を習得し、溝口分析学を活用し、企業の人事に革命的な変革を及ぼし、企業の成長、発展をサポートする方法を習得する。

メールアイコンお問い合わせ